育児と介護漫画のタオブログ

介護職・猫と息子の子育てマンガ

2017年08月

a345




寝かせると泣いてウンピつけたまま2回転とかやるので
たっちじゃないと変えれなくなりました。



a344




のびのび遊べて楽しそうだし同じ部屋に居るのがいいみたいです
おかげで泣かれる事が少なくなりました。





A342




A343





テレビで見た内容はこちら


湿疹ではなく、塗ったものがただ合わないんだと思ってました。
こんな感じでごまかしごまかしやってたらアトピー症状の
分泌液が出るようになって病院へ。

怠ったからといってアレルギーになるとは限らないけど
知っておきたかったのには変わりない。
私みたいに後悔する人が一人でも減りますように(::)





A341



頭の片隅に入れてもらえれば。 小児科専門医とアレルギー専門医の資格を有している先生を探す場合です。
かかりつけには一番!というわけではないです。我が家も一番近い小児科がかかりつけです。アレルギーまたはアトピービジネスや、トンデモ記事を間に受けるなら専門医へ(´・ω・`)




ネットはアレルギービジネス記事が多すぎるうえに
食物アレルギー診療ガイドラインが改定されたのは昨年。
学会に行く事の無いどどど素人が~5年前に出版された本を読みあさって
全て間に受けたり変な講習うけたりするくらいなら、何にも考えず専門医へ行くほうがいいと思いました。



書いてるのは当たり前の事なんだろうけど
ガッテン見たんですけど…って実際に診察で聞く人と
おんなじような気持ちにはごく簡単に辿り着けてしまうし
止める人がそうそう周りに居ない事が分かった。
冷静になるまで時間かかってたらどうなってたのかなーと思うとめっちゃ怖い。





↑このページのトップヘ